« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005/03/31

「ドットとリボンのかわいいメガネケース」についてのおわび

3月30日の記事「ドットとリボンのかわいいメガネケース」のリンクが上手く機能していません。深くお詫び申し上げます。

原因は調査中です。改善次第ご報告します。

(2005.4.4追記)
本日無事解決しました。ちゃんとリンクが機能するようになりました。ご迷惑をおかけしました。

2005/03/30

ドットとリボンのかわいいメガネケース


icon
iconかわいいメガネケースを見つけました。ドットの大きさがバラバラなのもかわいいし、リボンもキュートです。色使いもかわいいですね。

この「ティミー・ウッズ ドットデザイン メガネケース」はハンドメイドなんです。ドットはパッチワークになっています。この手作り感がかわいさをさらに高めています。

なんとストラップもついています。ストラップの長さは約106cmなので、斜め掛けもできそうです。かわいく、便利にキメましょう。

メガネは掛けっぱなしだから…ってひとは、ペンなんかを入れてもいいかも。販売をしているひとなどにおすすめです。

ティミー・ウッズ ドットデザイン メガネケースicon

>>関連リンク
楽天市場「メガネケース」

今実際に使っているメガネは何本ですか?

今実際に使っているメガネは何本ですか?メガネ歴の長いひとはたくさんメガネを持っているひとも多いでしょう。しかし、今実際に使っているメガネとなると、何本くらいなのかなって…。

本日より第4回glafasメガネアンケートを始めます。お題は「今実際に使っているメガネは何本ですか?」です。サイドバーの上のほうから投票できます。「結果を見る」をクリックすると、最新の投票結果が分かります。みなさんの投票をお待ちしています。

前回のメガネアンケート「サングラスってどんなイメージ」にたくさんの投票をいただき、誠にありがとうございました。結果は後日ご報告します。

2005/03/25

アラン・ミクリはメガネを知り尽くしている

Alain Mikli(アラン・ミクリ)といえば市松模様など斬新なカラーリングに目を奪われがちですが、本当のスゴさは色ひとつひとつの美しさにあると思います。

オフィシャルサイトで「ROUGE PASSION」と題して赤を使ったフレームが特集されています。アラン・ミクリの赤はメチャメチャきれいです。こんな微妙な赤さ具合は他のブランド、特に日本のブランドではなかなか出せないと思います。

アラン・ミクリのさらにスゴいところはラインのコントラストの美しさです。線の太さやボリュームのつけ方、カーブの具合が見事なまでに繊細で美しいのです。スクエアなレンズシェイプのものにも堅さがなく、何ともいえない柔らかさがあります。先に向かってテーパーされたテンプルは本当に流れるようなラインを描いています。

A0223やA0224のようなちょっとつり目?のデザインもスゴく柔らかくてきれいなラインを描いています。各部分のボリューム感のコントラストやネコの耳?みたいなところのカーブの柔らかさなどは本当に素晴らしいと思います。全てのラインに破綻したところが感じられません。ここまで微細なラインにこだわって、かつ製品化できているデザイナーやブランドは少ないと思います。

アラン・ミクリはきっと分かっているのでしょう…メガネのあるべき姿を。こうすればメガネは美しくなる、こういうメガネが顔に映えるってことを。アラン・ミクリはメガネの全てを知り尽しているのではないでしょうか。

>>【楽天市場】アラン・ミクリ

2005/03/24

大人のためのメガネ屋さん〜OBJ east(オブジェ・イースト)

東京・銀座にあるOBJ east(オブジェ・イースト)は大人のひとにおすすめのメガネ屋さんです。他のメガネ屋さんにはなかなか見られない、重厚で落ち着きのある上質な空間が広がっています。

間接照明の効いたショーケースにフレームが並んでいる姿は、まるで大切なコレクションを展示しているかのようです。壁面にはサングラスがズラリと並べられています。後ろからの照明でカラーやフォルムがきれいに浮かび上がっています。

フレーム、サングラスともクラシカルなものから、ポップなもの、ちょっとアバンギャルドなものまで、幅広くセレクトされています。モノとしての美しさとメガネとしての機能美が両立した上質なデザインが選び抜かれています。お店のコンセプトとバイヤーのセンスの高さを感じさせるチョイスです。

OBJのオリジナルフレームも要チェックです。こちらも他のセレクトされたブランド同様、モノとしての美しさとメガネとしての機能美を兼ね備えた、大人のひとにおすすめのコレクションです。

上質な空間の中で上質なメガネと出会いたい大人のひとは、足を運んでみてはいかがでしょうか。

2005/03/23

これでメガネが曇らない

マスクをしてるとメガネって曇りやすいですよね?今年は花粉の量が多く、マスクをしているひとが例年よりも多く見られます。鼻はムズムズ、目はショボショボ、おまけにメガネまで曇っちゃって、何とかならないの?って思っているひとも多いのではないでしょうか?

マスクが手放せない人にお勧めなのが、セイコーオプティカルプロダクツの「フォグレスコート」。メガネレンズの曇りを防止するコーティングです。各種レンズにオプションで対応しています。時々専用のメンテナンスクリーナーをつけてあげないといけないのですが、なかなかの優れものだと思います。

使っているひとの話によると、レンズが曇ったな…って思ってもサッと晴れるとのこと。ラーメン好きのひとにもいいかも?

>>関連リンク
「曇らないレンズ クリスタルコート」
エスジェット 【S JET】 (曇り止め)

2005/03/22

いいメガネはいい顔にしてくれます

kuroseru01電車の中で素敵な黒セルメガネを掛けている男のひとを見ました。窓からの光を受けて、きれいなラインが映えていました。なんかとっても上品なひとに思えました。いいメガネはいい顔にしてくれるんだな…って思いました。

この男のひとが掛けていたのはセルロイドの手作りフレームだと思います。黒のセルロイドは、普通のプラスチックと色の深みや艶が違います。これこそが本当の黒だって感じです。

最近のセルロイドフレームは手作りでこだわって作られているものが多いです。だから、シェイプやラインがきれいです。フロントにテーパーが入っているものや、角がキリッと直角になっているものは、見ているだけで惚れ惚れします。特に黒はラインがキリッと出るので、本当に腕のいい職人でないときれいに仕上げられないのだそうです。

>>関連リンク
glafas.com「勇気を持って黒ぶちを掛けよう」

2005/03/16

メガネ屋さんがメガネをきれいにできるわけ

超音波クリーナー 『 あらい君 』+大判メガネクロス付き 1500円相当メガネ屋さんでメガネを洗ってもらうと、すごくきれいになりますよね。なぜかというと、超音波洗浄器とクリーナーを使っているからです。

超音波洗浄器とは、水を超音波で振動させて汚れを落とします。パッドの部分やリムとレンズの間の汚れもきれいにすることができます。

メガネを拭く前に超音波洗浄器に掛けるのがポイントです。ホコリを落としてから拭いてあげないと、レンズに傷がつくことがあるのです。洗車と一緒ですね。

メガネクリーナーメガネ屋さんでは超音波洗浄器に掛けたあとで、メガネレンズ専用のクリーナーで仕上げています。このクリーナーには静電気を防止する効果があるので、ホコリもつきにくくなります。

超音波洗浄器とクリーナーがあれば、メガネ屋さんに行かなくってもメガネがピカピカになります。ただし、使い込んだセル(プラスチック)フレームは要注意です。超音波洗浄器に入れると、かえって白っぽくなってしまうことがあります。また、コーティングの剥げたレンズも入れないでください。よりひどくなってしまいますので。

メガネ以外にも、金属製の時計のバンドやアクセサリーも超音波洗浄器できれいになります。きれい好きのひとや、メガネを掛けているご家族がいるひとにはおすすめですね。

2005/03/15

クラシックなセルロイドのメガネ

Opticien Loyd(オプティシャン・ロイド)のサイトが更新されています。今回は新しいオリジナルフレームLKG-02が登場しています。

味のあるメガネだと思います。レトロな感じの黒セルメガネを探しているひとにはおすすめです。

縦幅はありますが横幅は49mmとコンパクトですので、ネオ・クラシックなメガネに二の足を踏んでいたひとにも意外とチャレンジしやすいのではないでしょうか?ラインもきれいで顔になじみやすそうですし。

『カラーもブラックのみ』というのも潔くっていいですね。この形には黒が一番ふさわしいと思います。また、フロントの金具もレトロ感あっていいアクセントになってます。

オプティシャン・ロイドのサイトによるとこのフレームは『映画雑誌の中で見かけた眼鏡』からインスパイアされたとのこと。こういう発想って素敵ですね。上手に掛けこなして、映画に出てくるような素敵なひとを目指しましょう。

>>関連リンク
glafas.com『勇気を持って黒ぶちを掛けよう』
glafas.com『ダサカッコいい系ってどう?』

2005/03/14

白山眼鏡店自由が丘店に行きました

hakusan01自由が丘の白山眼鏡店はそっとたたずむように立っています。一軒家のような店構えで、とってもあたたかな感じの雰囲気のいいお店です。

オリジナル中心の品揃えです。レトロな感覚の中にしっかりとトレンドを押さえたメガネは、独特の雰囲気にあふれています。

hakusan02セルフレームが充実しています。glafas-cafeのおすすめは新作のMAYシリーズ、CUTシリーズ、そしてGROOVEです。程よいボリューム感のラインと、ちょっと横幅広めなところがいいですね。勝負メガネを探している女の子には、ラインストーン入りのMAY STONE、CUT STONEを試してみてはいかがでしょうか?また、ちょっとつり上がり気味のBOILやPROOFも上手く決めればおしゃれ度アップ間違いなしです。

ブロータイプや丸メガネなど、ダサカッコいい系も充実です。レトロなメガネを探している男のひとは、ぜひ足を運んでみてください。

ポップにかわいくなりたいひとにも、大人っぽく見せたいひとにもおすすめのお店です。メガネで知的に見せたいけど、きつくて冷たい感じになるのはちょっと…っていうひとや、上品にカジュアルにキメたいひとにはいいと思います。

>>白山眼鏡店(今回紹介したフレームを見ることができます)
http://www.hakusan-megane.co.jp/startpage.htm

2005/03/10

メガネで春色をプラス

メガネで春っぽい色を加えてみませんか?インナーやスカーフで差し色を入れる感覚で、フレームをチョイスしてみてはいかがですか?

顔色を明るくしてくれて、手持ちの洋服と上手くコーディネートできそうなカラーを選ぶといいと思います。微妙な色味や質感にこだわると、さらにおしゃれですね。

glafas-cafeのおすすめはメタルとセル(プラスチック)のコンビネーションフレーム。セルに透明感のあるものならさらにいいと思います。

>>関連リンク
glafas.com「カラフルメガネで簡単おしゃれさん」
glafas.com「色をつなげよう」

2005/03/09

キッズのメガネも3D!

J003フランスのメガネブランドEye'DCのサイトがリニューアルされました。それに伴って登場したのが子供用フレーム「Eye'DJ」です。大人用同様、しっかりレンズが浮き出ていて3Dしています。Eye'DCらしいポップ感覚がはじけています。

3Dモデル以外では、J012がメチャメチャかわいいです。まるでネコみたいに耳が生えてます。

Inclassable_S_i677もちろん大人用もたくさん見ることができます。360°、クルクル回して楽しんでください。

サイトのデザインも最新のテクニックを駆使したポップでカッコいいものに仕上がっています。見て、触って?楽しいサイトです。ただし、メチャメチャ重いので、ブロードバンド以外のひとはつらいかも。(all pics © Sabine Senta-Loÿs)

>>関連リンク
glafas-cafe「IOFTメガネレポート3『Eye'DC』」
glafas.com「大いなる無駄〜Eye'DC」

all pics © Sabine Senta-Loÿs

ボーソレイユのメガネが北海道に上陸!

フランスのメガネブランドBEAUSOLEIL(ボーソレイユ)のメガネが「北海道に上陸!」しました。

先月glafasメガネBBSに「ボーソレイユのメガネを扱っているお店は北海道にありますか?」というお問い合わせをいただいたのですが、新札幌駅1階のメガネ屋さん「クリスタルモア」で取り扱いを始めたとのことです。

glafas-cafeおすすめのボーソレイユを北海道のひとにも見ていただくことができるようになりました…といっても札幌近郊のひとに限られるかもしれませんが。

>>関連リンク
glafas-cafe「IOFTメガネレポート『ボーソレイユ』」
glafas.com「ムッシュ・ボーソレイユ最高!」

2005/03/08

フランス2大メガネブランド大集合!

BEAUSOLEIL(ボーソレイユ)Eye'DC(アイディーシー)…glafas-cafeおすすめのフランスメガネがたくさん見られるイベントが開催されます。

来る3月12日(土)・13日(日)の2日間、東京・高円寺のメガネ屋さんpower spex BOSTON(パワースペックス・ボストン)では「BOSTON COLLECTION」と題して、BEAUSOLEILEye'DCのメガネが新作を含め店頭にいっぱい並びます。

これらのブランドが前から好きだったひと、気になっていたひとはもちろん、おしゃれでかわいい、カッコいいメガネを探しているひと、メガネなんて…って思っているひと、一見の価値有りです。

>>関連リンク
glafas-cafe「メガネのトランクショーに行ってみよう!」
glafas-cafe「高円寺のメガネ屋さんのイベント情報」
glafas-cafe「IOFTメガネレポート『ボーソレイユ』」
glafas-cafe「IOFTメガネレポート3『Eye'DC』」
glafas.com「ムッシュ・ボーソレイユ最高!」
glafas.com「大いなる無駄〜Eye'DC」

2005/03/07

glafas.comのサーバーのメンテナンスのお知らせ

ホスティングサーバーのメンテナンスに伴い、下記の時間帯で一時姉妹サイトglafas.comを閲覧できない可能性があります。何卒、ご了承ください。

日時:2005年3月8日(火)のAM1:00〜AM6:00間の(最大)30分間

2005/03/03

メガネで見つけた「いつもと違う自分」

初めてメガネを掛けたときのこと、憶えていますか?

初めてのメガネを「ワクワク」しながら買いに行ったひとがいます。「からふるらいふ」のあおいさんです。

店員さんに 「アクセサリーのように使ってくださいね」 と言われて、『そうだ!おしゃれアイテムが増えた』と大喜び。
素敵ですね…あおいさんも、この店員さんも。あおいさんのようにメガネを「おしゃれアイテム」って思ってくれる人が増えたらいいなって思います。
早速、メガネをかけてお店を出ると、自分だけなんだけど、いつもと違う自分にニンマリしながら姿勢を良くして歩き出す。
あおいさんのようにダテメガネのひと、またコンタクトをしているひとは、メガネで「いつもと違う自分」を演出できますよね。普段メガネを掛けているひとは、「いつもと違う自分」を新しいメガネで見つけて欲しいと思います。

>>関連リンク
glafas-cafe「別人になれるかわいいoff timeメガネ」
glafas-cafe「勝負メガネ」

2005/03/02

楽しくってかわいいメガネケース

メガネケースもインポートものはかわいくって機能的ですね。シンプルなモノトーンにまず惹かれます。そしてこの丸みがかわいいですね。

このケース、なんと左右どっちからも開くんです。えっ?どうして?って感じで、初めて触ったときには開けたり閉めたりを何度も繰り返してしまいました。持って、触って、楽しくなるメガネケースです。

パッと手にしたら、方向を気にせず開けられるのって便利だと思います。便利で、楽しくって、しかもかわいいこの「ロジック メガネケース」、おすすめです。

>>関連リンク
glafas-cafe「カラフルでかわいいメガネケース」

楽天市場「メガネケース」

メガネなひとのためのネックレス〜laLOOP(ラ・ループ)

ニューヨークのlaLOOP(ラ・ループ)は天然素材にこだわった「THE NECKLACE FOR EYEWEAR」…アイウェアのためのネックレスのブランドです。
本物の素材をふんだんに使った高い質感が魅力的です。グラスコードって実用的なアイテムですけど、おしゃれにキメたいですよね。

laLOOPのネックレスはヘッド部分がリングになっています。ここにメガネやサングラスをぶら下げるのです。このアイデアはあちこちにメガネやサングラスを忘れてしまって困っていたことから思いついたのだそうです。メガネやサングラスをぶら下げたときに安定するよう、ちゃんと工夫されています。

laLOOP ターコイズ/シルバーこの写真のモデルは立派なターコイズを使用しています。ここまでアクセとして魅力のあるグラスコードはなかなかないと思います。ジーンズとコーディネートしたいですね。
ターコイズには身を守る力があるとされています。大切なひとへのプレゼントにもいいかもしれませんね。
さりげなくいきたいひとには、こちらのレザータイプがおすすめです。白いTシャツにサングラスと合わせるとカッコよくキマると思います。

>>関連リンク
>>LALOOP.COM
…laLOOPのオフィシャルサイト
>>GLOBE SPECS(グローブ・スペックス)「laloop」
…laLOOPの日本総代理店です。
>>glafas-cafe「メガネチェーン、いや、グラスコードはいかが?」

2005/03/01

メガネに掛けられてしまいたくないひとに…SOLID BLUE(ソリッド・ブルー)

メガネをおしゃれに掛けたいけど、メガネが浮いちゃうのはイヤだな…って思うひとは多いと思います。洋服を着るようにメガネを掛けたいひとにおすすめなのがSOLID BLUE(ソリッド・ブルー)です。

「メガネはファッションの1カテゴリーだ」デザイナーの金子氏はそう言い切っています。そう言い切って、かつそれを実現できているブランドは貴重です。

素材や製法にはかなりこだわっています。しかし、そのこだわりはメガネが浮いてしまうギリギリで踏みとどまっています。そこが魅力だと思います。

今回のglafas-cafeのおすすめはS-43です。クールにキメたい男の子はぜひ試してみてください。

>>SOLID BLUE(ソリッド・ブルー)オフィシャルサイト
http://www.solid-blue.com/
>>power spex BOSTON「BOSTON select_SOLID BLUE ソリッド・ブルー」
http://www.powerspex.com/solidblue.htm

>>参考文献
モード・オプティーク (Vol.18)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

さくらヒロシのプロフィール

無料ブログはココログ