« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/22

1ヶ月ほどお休みします

突然ですが、入院することになってしまいました。

1ヶ月ほど更新できないと思います。

「復活」の際には、またどうぞよろしくお願いします。

2006/02/15

メガネで大人のおしゃれを演出しませんか?

ほんとにおしゃれなひとは、小物にまでチャーンと気を使っているものです。そんなの当然じゃーん!っていうにとも多いでしょう。実際、時計やアクセサリーには気を使っているひとは多いかもしれません。

しかし、メガネは?ってなると、どうでしょう?時計やアクセサリーほど注目されていないのでは?…そんな気がしてなりません。メガネでもっとおしゃれしませんか?…これがglafas-cafeを運営している大きな動機です。

メガネをもっとおしゃれに掛けたい!っていうひとは、こちらのリンクがおすすめ。「ビジネスファッション・ゼミ Vol.12~小物編~ [できる男の「おしゃれ術」]には、メガネ選びのヒントがたくさん書かれています。大人の男性のみならず、女の子も注目です。

>>あまりに時代遅れなアイテムを身につけているようでは、そのビジネス感覚さえ疑われかねません。

この言葉、ドキッ!としませんか?デキるビジネスマンに見えるメガネがゲットできたらいいですよね。

>>昔と違って廉価で作れるショップも増えていますから、気軽に作ることもできます。
「気軽に」っていうのがポイント。メガネは確かに「作る」ものですが、構えずにもっと「気軽に」ゲットするといいと思います。
>>できれば最低2つは持って、使い分けたいもの。

ビジネスマンだったら、スーツはもちろん、靴だってベルトだって、最低2つは持ってますよね?スーツに靴やベルトやネクタイを合わせる感覚で、メガネもコーディネートしたいものです。

>>また、メガネをかけると知的な印象が増したり、顔色の悪さやクマが隠せたりするので、目が悪くない人にとっても有効です。

今主流の小振りのフレームを掛けると、リム(ふち)の下の部分がクマを上手く隠してくれます。これは使えるテクだと思います。

>>メガネは自分の好みだけで選ぶと失敗しがち。ちゃんと骨格のわかっている店の店員さんに相談して選ぶのが一番です。

もちろんメガネ屋さんよりもおしゃれでセンスのいい人は多いはず。しかし、その人の骨格にあったメガネを選ぶ目は、ホントにデキるメガネ屋さんにはかなわないかもしれません。あなたの骨格とセンスを上手に見極めてくれるメガネ屋さんが見つかれば最高ですね。きっと、素敵なメガネをゲットできるはずです。

>>また、2~3m離れたところから見た印象が重要なので、コンタクトレンズを併用している人は入れた状態で試着し、そうでない人は客観的に見てくれる友人を連れていって、確認するようにしましょう。

まさにおっしゃる通り!って感じです。コンタクトを使っていないひとは、お店のひとに断って、ケータイやデジカメで写真を撮ってチェックするのもひとつの手ですね。

>>「ビジネスファッション・ゼミ Vol.12~小物編~ [できる男の「おしゃれ術」]…相当引用してしまいました。ぜひ、こちらのリンクも読んでみてください。「ビジネスマン向きのメガネ一例」として、The SpectacleROBERT MARCSTRIP TITANIUMSamaのフレームが掲載されています。

>>関連リンク

glafas-cafe「メガネ選びにケータイで自分撮り!」
glafas-cafe「メガネを差し色にしてコーディネート!」
glafas-cafe「いいメガネはいい顔にしてくれます」
glafas-cafe「メガネ選びにはコンタクト」
glafas.com「勇気を持って黒ぶちを掛けよう」
glafas.com「スーツとメガネ、どっちを買う?」
glafas.com「色をつなげよう」
glafas.com「メガネでメイク!」

2006/02/12

勇気を出して白ぶちメガネを掛けよう

数年前からコレクションに目立ち始めた白いメガネやサングラス…そろそろ本格ブレイクしそうな気がします。

白いメガネなんて、個性強すぎてどうなの?って思うかもしれません。しかし、形やボリューム感を上手に選べば、表情を明るく、印象的に見せてくれるでしょう。上手く掛けこなせば、おしゃれ度アップ間違いなしです。勝負メガネにしてもいいかも。

今からゲットすれば、色が重くなりがちな冬のファッションの差し色としても使えます。さらに春夏のファッションにも明るさやさわやかさをプラスしてくれるでしょう。

太いセル(プラスチック)でガツン!といくのもよし。メタルフレームでサラッとかつ印象的にキメてもよし。顔の正面にはちょっと…っていうひとは、テンプル(つる)が白いものをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

ちょっとだけ勇気を出して、白いメガネ・サングラスを掛けてみませんか?

>>関連リンク

glafas.com「勇気を持って黒ぶちを掛けよう」

2006/02/05

メガネ選びにケータイで自分撮り!

メガネを選ぶとき、度が入ってないから掛けた姿がよく見えなくって困るんだよね…そんなひともケータイのカメラで自分撮りしてみたらどうでしょう。もちろんデジカメでもオッケーです。横顔だってバッチリチェックできます。さらに誰かに撮ってもらえば、全身とのバランスだってチェックできます。画面ちっちゃくて見づらくない?ってツッコミは置いといて…。

ただし、写真を撮る前には、お店のひとに一言断るのがおすすめです。そのときさらに「全身とのバランスが見たいので、撮ってもらえますか?」ってお願いすれば、「このお客様は分かってる!」ってメガネ屋さんも一目置いてくれるかもしれません。

フレームセレクターっていうものがあるメガネ屋さんもあります。画面上でいろいろフレームを比較できます。

>>http://homepage1.nifty.com/eyeland/selector/

2006/02/04

ますますメガネブーム!

プラズマテレビの次に欲しいのはメガネやサングラス?…これにはちょっとビックリです。

このたび発表された『オリジナル コンフィデンス』誌2月6日号掲載の2月度『オールジャンル欲しいモノ・ランキング(総合編)』、メガネ・サングラスが22位にランクインしています。

ORICON STYLEでは「大ヒットの裏事情!?メガネブームが本格派の兆し!?」として、以前glafas-cafeでも取り上げたASIAN KUNG-FU GENERATIONサンボマスターなどメガネが印象的なアーティスト、さらにはお笑い芸人・タレントの活躍などに「にわかにメガネブーム本格派の兆しがみられるのだ」と伝えています。

「欲しいモノ・ランキング」のアイテムにメガネが加わったこと、そしてランクインしたということは、メガネが単なる視力を補うものだけでなく「モノ」・「アイテム」として認められてきた証といえるでしょう。glafas-cafeとしてはうれしいことです。

「今や立派な“顔のアクセント・アイテム”となっているメガネ」が単なるブームで終わることなく、真のファッションアイテムとして定着して欲しいなって切に思います。

>>関連リンク

「大ヒットの裏事情!?メガネブームが本格派の兆し!?」
glafas-cafe「メガネミュージシャン」
glafas-cafe「メガネブーム!」
glafas-cafe「やっぱりメガネブーム?!」
メガネ男子…文字通り、メガネを掛けた男子の写真集
ガールズメガネ…街のおしゃれなメガネ女の子のスナップ集
ビジョメガネ…こちらは女の子タレントの写真集
コンティニュー (Vol.22)…表紙は「真鍋かをり in メガネっ娘」

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

さくらヒロシのプロフィール

無料ブログはココログ