« 2007年7月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/29

上下逆さま?のサングラス〜VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)

東京・恵比寿にあるメガネ屋さん「Continue(コンティニュエ)」VIKTOR&ROLFのファーストモデルのサングラスが入荷したとのこと。

>>V&Rサングラス1本再入荷!!!!

このサングラスのポイントは、ブリッジ(レンズとレンズをつなぐ部分)の位置が低いところ。

「このサングラス、上下逆さまなんじゃないの?」

そう思ったあなたは…正解です!

デザイナーであるVIKTOR&ROLFのアイディアで、フレームを逆さまにしてしまったのです。

もちろん、きちんと掛けられるように、鼻あてやテンプル(つる)は作られているのでご安心を。

VIKTOR&ROLFのアイウェアのコンセプトは「Modern Vintage」。サングラス・メガネフレームとも、古き良きレトロなデザインをモダンに仕上げてあります。

ファッションブランドのメガネは数多くあります。しかし、アイウェアのデザインはメガネメーカーに任せているブランドが大半です。VIKTOR&ROLFはデザイナー本人がアイウェアのデザインに関わっている、数少ないブランドです。

だからこそ、今回ご紹介した71-0001のような独創的なデザインが生まれたのだと思います。

ジョニー・デップ風の黒セルメガネフレーム70-0004-04は、VIKTOR&ROLFのロングセラーモデルです。

VIKTOR&ROLFメガネフレーム 70-0044 C-1。こちらもレトロ感あふれるブロータイプのメガネフレーム。

>>VIKTOR&ROLFサングラスの今期もの!

ツーブリッジなVIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)サングラス71-0041-01。
裏地のベージュがポイント!

VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)サングラス71-0043-03。
お花の飾りがキュートです。

>>VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)のメガネフレーム・サングラスをチェックする


★VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)アイウェアコレクション:眼鏡の代理人★


★VIKTOR&ROLF(ビクター&ロルフ):ビバ サングラス★


★VIKTOR&ROLF(ビクター&ロルフ):eyeone★

VIKTOR&ROLF(ビクター&ロルフ)「ポンメガネLIFE」内のページ。

>>関連リンク

「V&Rサングラス1本再入荷!!!!」…今回の記事のソースです。ありがとうございます。

continuer…東京・恵比寿のメガネ屋さん。大人のためのアイウェアが豊富に揃っています。

VIKTOR&ROLF…VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)のオフィシャルサイト。

VIKTOTORROLFニューコレクションTOP…VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)のメガネフレーム・サングラスの製造元株式会社村井のサイト

2008/01/27

theo(テオ)のメガネフレームカタログ作成中

東京・下北沢にあるメガネ屋さん「纒(matoi optical)」では、ブログ内にtheo(テオ)のメガネフレームカタログを作成中です。

>>纒のパンセ: 実は。2

すぐにtheo(テオ)のメガネフレームカタログを見たい!というひとは、こちらのリンクからどうぞ!

>>http://matoi-optical.cocolog-nifty.com/photos/theo/index.html

写真をクリックすると、「纒(matoi optical)」さんのコメント付きの詳細が見られます。

オリジナルのカタログを作るという試みは、大変評価できます。これからもっと充実していくのが、楽しみです。

2008/01/24

男性におすすめ!のメガネ着こなし術

男性におすすめ!のメガネの着こなし術が紹介されています。

>>「メガネで気軽にイメージチェンジ! - [メンズカジュアル]All About」

この記事にはメガネ3点・サングラス2点が掲載されています。

>>「知性があふれ出すシルバーフレームのナイロール」STARCK EYES(スタルク アイズ)

一見オーソドックスなメガネですが、さすがはalain mikli(アラン・ミクリ)!絶妙なラインとボリューム感が上品で、大人の男の色気を醸し出してくれます。

>>「アンダーリムとチェッカー柄でセンスアップ」Less than human(レスザンヒューマン)

さりげなく人目を引くアンダーリムタイプ。チェッカー柄がテンプル(つる)の裏側というのがミソ。スーツの裏地のような感覚ですね。チェッカー柄が横顔にチラッと見えるところがおしゃれです。

>>「黒いセルフレームのウェリントン型が軽妙洒脱」EFFECTOR(エフェクター)

さくらヒロシが以前からおすすめしてきたモダンレトロ・ダサカッコいい系の黒セルメガネフレーム。

>>「カラーレンズ×ゴールドでクールな悪を気取る」ic! Berlin(アイシーベルリン)

ゴールドのフレームにブルーのレンズがポイント!上手く着こなせば、周りに差を付けられます。

>>「ワイルドに決めるならティアドロップが断トツ!」EFFECTOR(エフェクター)

定番のティアドロップタイプも外せないところでしょう。

メガネのコーディネートの第一歩は、オン・オフ+サングラス…これだけ揃えれば、洋服とのコーディネートをバッチリ楽しめます。

>>関連リンク

「メガネで気軽にイメージチェンジ! - [メンズカジュアル]All About」…この記事のソースです。ありがとうございます。
「男っぷりを上げる!メンズメガネショップオープン!」さくらヒロシさんの「眼鏡にかなう!メガネの選び方」 :イザ!

2008/01/04

モダン?レトロ??大人の男性におすすめの2008年新春の新作メガネフレーム

渋くキメたい大人の男性におすすめの2008年新春の新作メガネフレームをご紹介します。


>>「今年 初で新作紹介!」…(G・TRANCE ブログ


WOLOFGANG PROKSCH(ウォルフガンク・プロクシュ)のメタルフレームの新作。できる男を演出できそうなメガネです。大きめのレンズシェイプがポイント!トレンド感と大人の色気を同時にアピールしてくれるメガネです。

次回のブログではWOLOFGANG PROKSCH(ウォルフガンク・プロクシュ)のセルフレームが登場予定とのことです。


>>「今日は Z−parts(ジーパーツ) のZ−38です。クラシカルな丸めがねだよ〜。」
…(Glass Fix)


こういうジョン・レノン(もしくはジャン・レノ)風の丸メガネ(ラウンドタイプ)を探しているひともいるのでは?

今回ご紹介のZ-parts(ジーパーツ)以外にも、Kame ManNen(カメマンネン)もおすすめ。


どちらも、クラシカルなデザインを最新の素材と技術で現代によみがえらせた、個性あふれるメガネフレームです。優しさと知的さを身にまとうことができるでしょう。

« 2007年7月 | トップページ | 2008年2月 »

さくらヒロシのプロフィール

無料ブログはココログ