« SOLID BLUE(ソリッド・ブルー)ドイツ製の新作メガネ発売 | トップページ | ズーイ・デシャネル x Oliver Peoples(オリバーピープルズ)コラボサングラス Zooey(ズーイ)発売 »

2009/07/29

まばたきしないと視界が曇るメガネ Wink Glasses(ウインクグラス)発売

メガネフレームメーカー 増永眼鏡 は、まばたきが少ないと視界が曇るメガネ Wink Glasses(ウインクグラス)を8月10日より発売します。

Wink Glasses(ウインクグラス)は、目の動き(まばたき)を感知するセンサーと専用フレームのセット。約5秒間まばたきがないと、レンズの前についたシートが曇るのです。センサーがまばたきしたのを感知すれば、シートは瞬時に透明に戻ります。

まばたきは涙の分泌を促す重要な役目を果たしています。読書やパソコン、ゲームなどに集中すると、まばたきの回数が減ってしまい、ドライアイの原因となってしまいます。知らず知らずのうちにまばたきが減ってしまうのを気づかせてくれるのが、Wink Glasses(ウインクグラス)なのです。

まばたきを感知するセンサーは磁石で簡単に着脱可能。センサーをつけずに普通のメガネとしても使用できます。

専用フレームはシルバーカラーで、普段のメガネとしてもバッチリ使えるスマートなデザイン。もちろん、度付きレンズを入れることも可能なだけでなく、目に優しい度なしレンズが標準装備されているので、伊達メガネとしても安心して使用できます。

まばたきを感知するセンサーは、電池のほか USB からも電源をとることが可能。パソコン使用時に目の乾きが気になるひとは、USB につないでパソコンの脇に置いておくのもいいですね。

気になる価格は、Wink Glasses(ウインクグラス)本体(まばたきを感知するセンサー)が 15,750円、専用フレームが 25,200円で、合計 40,950円。それぞれ単体の販売はなく、Wink Glasses(ウインクグラス)本体 + 専用フレームのセット販売のみとなっています。

増永眼鏡 とは

Wink Glasses(ウインクグラス)を販売する 増永眼鏡 は、福井の土地に地場産業を築く夢を実現するため、1905年(明治38年)に創業したメガネフレームメーカー。もの作りに対する真摯な姿勢と高い技術力には定評があります。

ペイリン・前アラスカ州知事が使用して有名になった Kazuo Kawasaki(カズオ・カワサキ)や、ウェアラブルモニター式メガネ Teleglass(テレグラス)など、個性あふれるメガネをリリースしているほか、哀川翔さんプロデュースの SAMURAI 翔 も手がけています。

今回のニュースソース

関連記事

« SOLID BLUE(ソリッド・ブルー)ドイツ製の新作メガネ発売 | トップページ | ズーイ・デシャネル x Oliver Peoples(オリバーピープルズ)コラボサングラス Zooey(ズーイ)発売 »

おしゃれなメガネフレーム・サングラス・メガネブランド」カテゴリの記事

メガネトピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53885/45776286

この記事へのトラックバック一覧です: まばたきしないと視界が曇るメガネ Wink Glasses(ウインクグラス)発売:

« SOLID BLUE(ソリッド・ブルー)ドイツ製の新作メガネ発売 | トップページ | ズーイ・デシャネル x Oliver Peoples(オリバーピープルズ)コラボサングラス Zooey(ズーイ)発売 »

さくらヒロシのプロフィール

無料ブログはココログ