« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/26

メガネ情報サイト GLAFAS(グラファス)オープン!

GLAFAS(グラファス)は、2009年10月26日にサイトをリニューアルしました。

「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」をテーマに、メガネを楽しむことで、より豊かな生活を送るお手伝いをしていきたいと思います。

GLAFAS(グラファス)では、次の情報をお届けします。

全国メガネ店情報

住所や営業時間などの基本データはもちろん、取り扱いブランドやセール・イベント情報などをご紹介。

メガネブランド情報

人気アイウェアブランドの歴史や最新情報、取扱店、公式サイト・ブログをご紹介。

メガネ最新ニュース

メガネ・サングラスの新作情報や、メガネ店のセール・イベント情報をご紹介。

メガネの選び方

メガネ店勤務16年のキャリアを生かした、すぐに使える実践的なノウハウをご紹介。

クリックひとつで全てがわかる

メガネ店情報、ブランド情報、最新ニュースは全てがリンクしているので、知りたい情報がクリックひとつでわかります。

例えば…

  • お店で取り扱っているブランドについて詳しく知りたいときは、クリックひとつでブランド情報ページを読むことができます。
  • ブランドを取り扱っているお店について詳しく知りたいときは、クリックひとつでお店の情報ページを読むことができます。
  • ニュースで取り上げられているお店について詳しく知りたいときは、クリックひとつでお店の情報ページを読むことができます。

GLAFAS(グラファス)= メガネ+ファッション

GLAFAS(グラファス)とは、glasses(メガネ)と fashion(ファッション)を組み合わせた造語。メガネを洋服のようにファッションとして楽しむことで、より豊かな生活を送ってほしいという願いを込めています。

2009/10/15

メガネ業界誌に取材協力しました

10月15日発売のメガネ業界誌「THE EYES」に、取材協力させていただきました。

内容は、10月27日より開催されるアジア最大級のメガネ展示会 IOFT の見どころについて。これからのトレンド予想や、メガネ店のひとが展示会に行くときのポイントについてお話ししました。

取材内容の中から、これからのトレンド予想についてご紹介します。

クラシカルなメガネのブームは続く

ウェリントンシェイプのセル(プラスチック)フレームに代表されるクラシカルなメガネは、すっかり定番となりました。男子から始まったブームも、今では女子のハズしアイテムとしても人気です。

これからも、「レトロ」とか「クラシカル」というのは、メガネのトレンドを語る上でで欠かせないキーワードとなるでしょう。

しかし、クラシカルなメガネも変化してきています。クラシカルなレンズシェイプやモチーフを生かしつつ、今の技術や感性を取り込んだものが増えてきているのです。

例えば、セル(プラスチック)で作られていたシェイプをチタン素材でより軽く、モダンに仕上げたものが出てきています。

また、クラシカルな要素が強いセル(プラスチック)フレームも、黒一辺倒から、透け感のあるカラーや鮮やかなカラーのものへシフトしてきているようです。

最新技術を生かしたメタルフレームにも注目

クラシカルなメガネのブームでセル(プラスチック)フレームが目立っていましたが、これからはメタルフレームにも注目です。

シート状の生地を使って、従来よりも自由なデザインを施したフレームや、フローティングと呼ばれるレンズが浮き上がったような立体的なデザインのフレームなど、最新の技術を生かしたものが続々と発表されているのです。

メガネを買うなら、11月以降が狙い目

10月27日から開催される IOFT は、日本最大のメガネ展示会です。日本で販売している国内外のメーカーは、IOFT に向けて新商品をリリースします。さらに、IOFT には参加しないものの、同じ時期に展示会を行うメーカーもたくさんあります。それらを目当てに全国のメガネ店が仕入れに向かうのです。

ですから、最新のおしゃれなメガネを買いたいひとは、IOFT などで仕入れた商品が入荷する11月以降がおすすめです。行きつけのメガネ店やお目当てのお店があるひとは、商品の入荷時期や最新情報をお店のスタッフに聞いたり、ホームページやブログをチェックするといいでしょう。

関連記事

取材・執筆依頼を受け付けています

メガネライフコーディネーター さくらヒロシ は、取材や執筆など仕事の依頼を随時受け付けています。下記のリンクより、どうぞお気軽にお問い合わせください。

フランシス クライン メガネ特別受注会 開催(東京・青山)

091015francis_klein

東京・青山のメガネ店 リュネット・ジュラ グラン  では、10月31日(土)・11月1日(日)の2日間、フランスのメガネブランド FRANCIS KLEIN(フランシス クライン)の特別受注会を開催する。

FRANCIS KLEIN(フランシス クライン)は、カラフルなプラスチック素材にスワロフスキーやレース、葉脈(!)などを埋め込んだ、キュートでエレガントなフレームを得意とするブランド。メイクのように女性を引き立てることを目指したフレームは、全てハンドメイドで作られている。

今回の受注会では、フレームやスワロフスキーのカラーを選んで、自分だけの一本を作ることができる。全てをハンドメイドで作っている FRANCIS KLEIN(フランシス クライン)ならではのイベントだ。

今回のニュースソース

関連記事

2009/10/13

Love Dorothy(ラブ ドロシー)2009年秋冬の新作メガネ発売

メガネ店 Zoff(ゾフ)で販売中のメガネブランド Love Dorothy(ラブ ドロシー) は、2009年秋冬の新作メガネを発売した。

今期のテーマは「Witch’s Party」。キュートでポップな個性あふれるデザインに仕上がっている。

DI91002

DI91002 ポップなカラーリングと星柄のテンプルがかわいいフレーム。カラーはPURPLE、CHARCOAL GRAY、BROWN、BEIGEの4色。価格:9,450円(レンズ込み)。

DQ91003

DQ91003大きめレンズに星柄の組み合わせは、ロックテイストのファッションにピッタリ!カラーはNAVY、BLACK、DEEP BROWN、WINEの4色。価格:9,450円(レンズ込み)。

DQ91004

DQ91004 ポップなカラーリングとモノグラムの組み合わせ。顔になじみやすいレンズシェイプも見逃せない。カラーはBROWN、BLACK、RED、PURPLEの4色。価格:9,450円(レンズ込み)。

DQ91005

DQ91005 スパイダーをモチーフにしたアンダーリムタイプのフレーム。カラーはCHARCOAL GRAY、BLUE、BROWN、PURPLEの4色。価格:9,450円(レンズ込み)。

DD92003

DD92003 アンティークな雰囲気のテンプル(つる)には、ステンド加工のハートのモチーフが。カラーはDEEP PURPLE、NAVY、BLACK、DEEP BROWNの4色。価格:9,450円(レンズ込み)。

今回のニュースソース

関連記事

シリーズ「Zoff(ゾフ)でメガネを買ってみた」

2009/10/07

アイウェア・オブ・ザ・イヤー 2010 受賞製品が決定

アイウェア・オブ・ザ・イヤー 2010 の受賞製品が決定しました。

アイウェア・オブ・ザ・イヤーとは、アジア最大級のメガネ展示会 IOFT のイベントとして毎年秋に開催されるもので、 世界中のメガネメーカーが今秋冬発表する新フレーム・サングラスの中から、デザイン・機能において特に優れている製品を表彰するもの。

今年は、下記の15製品が優秀賞を受賞。IOFT 初日の10月27日(火)に、この中から各部門 1 製品、計 5 製品がグランプリとして発表される。

メンズ部門

アイウェア・オブ・ザ・イヤー2010メンズ部門

(写真左より)

杉本圭 KS-22

8mm厚の生地を贅沢に使用。角の立ったエッジと丸みのコントラストが素晴らしい。

Designit Eyewear Slights by Designit Eyewear

後々までインパクトを残す革新的デザイン - ヒンジレスの1枚チタンシートフレーム。スカンジナビア最大のデザイン会社Designitの協力を得て実現。

QBRICK BTY24

今や定番モデルのウェリントンを一歩先を行くモダンなデザインにアレンジ。テンプルエンドのメタルパーツはバランサーにもなっていて、掛け心地に貢献。

コメント

クラシカルなデザインをアレンジしたセル(プラスチック)フレームと、シートメタル素材のフレームという、これからのトレンドが反映されたセレクトだと思います。

高い製造技術をいかにデザインに昇華させていくか?が、これからのキーワードのひとつです。

レディス部門

アイウェア・オブ・ザ・イヤー2010レディス部門

(写真左より)

KING SIGHT BY ILLUSIONE OTTICA KS236/VENEZIA

アンティークのヴェネチアンレースをプラスチック生地に挟み込んでいます。伝統と最先端技術の融合した製造工程は特許を取得。

WITTYPAULY 03 03-105

古来越前「若狭塗」の伝統技法を応用したフレーム第2弾。3色からなる生地を削り込むことで下の色を出し、立体感や色彩の妙を表現した一品。

エイム AIM-015-4

辛口なシェイプと甘いカラーの融合。小さな蝶飾りがミルキーパール色を際立たせる。

コメント

レースを挟み込んだり、漆塗りの技法を取り入れたりと、技術をいかにデザインに結びつけていくかが、今期のデザインのポイントです。

また、女子のファッションで注目の「甘辛ミックス」の要素を、メガネ・サングラスのデザインやコーディネートにも取り入れていきたいものです。

サングラス・スポーツグラス部門

アイウェア・オブ・ザ・イヤー2010サングラス (写真左より)

アイマジン サンエアーフレックスシャドー・グレー

重さ僅か10g!まぶしさを抑えつつ、日本文化にあった薄めのカラーが普段使いに最適。

グロスアイズ グリーンジャケット

日本人に合った設計の偏光レンズのゴルフサングラス。鼻のすき間からの光が気にならないデザインも秀逸。

MINIMA MINIMA VISIONAIR

大きな1枚レンズが特徴。コンパクトに収まるのが魅力。

コメント

3点全てがふちなしタイプ。気負わず掛けられそうなデザインや、軽さも評価されているようです。サングラスを掛けたいけど、抵抗感のあるひとにはいい傾向だと思います。

ラグジュアリー・ハイクラス部門

アイウェア・オブ・ザ・イヤー2010ラグジュアリー (写真左より)

IC! BERLIN オノノ リチャード

水牛の角とゴールドカラーのステンレスを組み合わせたフレームは、世界限定49本。

l.a. Eyeworks(エルエー・アイワークス) JERSEY

上下幅が深い、独特のレンズシェイプが魅力。

KUJO XD67

熟練した職人の手による、べっ甲製のフレーム。今風のデザインがいい感じ。

コメント

モダンなデザインに希少かつ贅沢な天然素材を用いたものが評価されています。職人の技を守っていくためにも、デザインには思い切りこだわっていってほしいと思います。

機能・技術部門

アイウェア・オブ・ザ・イヤー2010機能・技術部門

(写真左より)

フォルムマックス FMF3001

テンプル(つる)がプラスチックのフロント部分に格納できる折りたたみフレーム。

NEOJIN 快適・COMFORT

世界初の鼻あてがないメガネフレーム。鼻あてがないので、鼻にあとが付かず、視界も広いのが魅力。

prodesign(プロデザイン) Zense Mod. 7343-9031


180° 回転するテンプル(つる)が画期的。見た目もいい感じ。

コメント

折りたたみフレーム「フォルムマックス FMF3001」は、実用的なだけでなく、普段でも掛けられそうなカッコいいデザインがいいですね。

鼻あてのないフレームも注目ですが、ユニセックスでカジュアルなデザインで作ったほうが、より多くのひとに受け入れられると思います。

2009/10/06

OBJ 大阪店にて TOM FORD トランクショー開催

obj_tomford

大阪市のメガネ店 OBJ -大阪店- で、TOM FORD(トム・フォード)アイウェアのトランクショーが開催中です。

会期中は、同ブランドのメガネ・サングラスが約150本展示。上質かつ洗練されたメガネ・サングラスをお探しのひとは必見のイベントです。

今回のニュースソース

関連記事

2009/10/02

青山テルマと mihimaruGT のメガネ

teruma_mihimaru

ユニバーサルJ所属の人気アーティストの楽曲をテーマにストーリーが展開されるモバイルショートフィルム「FLOWER SHOP DIARY」の中で、青山テルマと mihimaruGT が掛けているメガネは Zoff(ゾフ)のもの。

青山テルマ着用モデル(写真左)

  • ZM82018 E-1(レッド) 価格:7,350円(レンズ込み)

mihimaruGT miyakeさん着用モデル(写真右)

  • CD81014 C-1A(ブラウン x グリーン) 価格:9,450円(レンズ込み)
  • ※取り扱い店舗:consommé、Zoff+、表参道本店のみ

 

関連記事

関連記事
シリーズ「Zoff(ゾフ)でメガネを買ってみた」

メガネ店 Zoff(ゾフ)横須賀に新店舗オープン

zoff_yokosuka

メガネ店 Zoff(ゾフ)は、神奈川県横須賀市に新店舗をオープンしました。

Zoff(ゾフ)横須賀モアーズシティ店

  • 住所:神奈川県横須賀市若松町2-30 横須賀モアーズシティ5F
  • 電話:046-820-4419
  • 営業時間:10:00-21:00
  • 定休日:横須賀モアーズシティに準ずる

オープン記念として、Zoff(ゾフ)のモバイルサイト「モバゾフ」に会員登録すると、5,000円以上の商品が全品 10%OFF になるキャンペーンを10月12日(月)まで開催中。リーズナブルな Zoff(ゾフ)のメガネがさらにお買い得になります。

横須賀モアーズシティ店は、Zoff(ゾフ)の75番目の店舗で横須賀市内では初の店舗。取り扱いブランドは、Zoff(ゾフ)Dear HOLDEN(ディア ホールデン)Love Dorothy(ラブ ドロシー)

今回のニュースソース

関連記事

シリーズ「Zoff(ゾフ)でメガネを買ってみた」

メガネ店 ミキシム・ギンザ ポーラ銀座ビルにオープン

mikissimes_ginza

メガネ店 メガネパリミキ(メガネの三城)は、新「ポーラ銀座ビル」の4階に新店舗MIKISSIMES GINZA(ミキシム・ギンザ)をオープンします。

MIKISSIMES GINZA(ミキシム・ギンザ)は、卓越した技術と心のこもったおもてなしで、メガネに対するひとりひとりのこだわりを最大限にかなえることを目指すメガネ店。

メガネパリミキ(メガネの三城)が独自に開発したミキシムデザインシステムと経験豊富なスタッフによるコンサルティングによって、世界でひとつだけのオリジナルのフレームを作ることができます。

K18やべっ甲など高級素材のフレームを多数取り揃えていることや、立地や内装などを考えると、MIKISSIMES GINZA(ミキシム・ギンザ)は、富裕層向けの高級メガネ店です。JINS(ジンズ)Zoff(ゾフ)などのスリープライスショップや、ワンプライス 18,900円の 眼鏡市場 など、今人気の激安メガネ店とは対極にあります。

経験豊富なプロのアドバイスをじっくり受けながら、自分にあったメガネを作りたいひとには、おすすめのメガネ店だと言えるでしょう。

MIKISSIMES GINZA(ミキシム・ギンザ)でじっくりとメガネ選びを堪能したいひとは、来店前に電話かネットで予約するのがおすすめです。

MIKISSIMES GINZA(ミキシム・ギンザ)

  • 住所:東京都中央区銀座1-7-7
  • 電話:03-3561-0590
  • 定休日:月曜
  • 予約承り時間:11:00~19:00

2009/10/01

鉄道メガネ第2弾発売・KAMURO ecute立川店

tetsudo_megane_part2

東京・立川のメガネ店 めがね工房KAMURO ecute立川店 は、開店2周年を記念して「鉄道メガネ」の第2弾を発売しました。

JR中央線を走る電車 201系 をレンズサイドからテンプル(つる)に掛けてデザインしたもので、鉄道好きにはたまらない仕上がりです。

価格は42,000円(税込)。完全受注生産で、完成・受け取りは来年1月~2月頃の予定となっています。

また、店頭サンプルは10月2日(金)以降到着予定で、注文受付期間は10月1日(木)~25日(日)となっています。

tetsudo_megane_part1

※「鉄道メガネ」第1弾

今回のニュースソース

関連記事

JINS x smart コラボメガネ発売

激安ながらトレンド感あふれるデザインで人気の JINS(ジンズ)と、雑誌 smart とのコラボレーションによるメガネフレームが発売されました。

人気のウェリントンシェイプですが、一般的なセル(プラスチック)ではなく、あえてチタン素材を使用。軽くて掛けやすく、個性的な仕上がりです。また、耳掛け部分には 80’s 風のネオンカラーを使ってトレンド感をアピールしています。

さらに、塗装にはイオンプレーティングと呼ばれる、高級メガネに用いられているものを採用。はげにくく、耐久性が高くなっています。

カラーはマットブラック x ピンク、シルバー x ネオングリーン、ブラック x ネオンブルーの3色。価格はレンズ込みで9,990円。

関連記事

不要メガネの回収や無料メンテナンスを受付中・GLASS GALLERY 291(東京・青山)

visioncareweek(2)

東京・青山のメガネ店 GLASS GALLERY 291 では、「Vision Care Week 2009」を開催中。10月12日(月)まで、不要になったメガネの回収や無料メンテナンスを受け付けています。

メガネ寄付・供養

回収したメガネのうち、まだ十分使えるものはライオンズ眼鏡リサイクルセンターを通じて、発展途上国の人々へ寄付されます。また、寄付できないメガネも供養されるので安心です。

もう掛けていないけど、捨てるのはもったいないメガネを持っているひとや、高価なメガネを簡単には捨てられずに困っているひとは、この機会を利用してみてはいかがでしょうか?

メガネクリニック

メガネの掛け具合の点検や調整を無料で受けられるほか、メーカーの技術者などにメガネに関するさまざまな相談をすることができます。

調整を無料でおこなっているメガネ店は多いですが、ほかのお店で買ったメガネを持ち込むのは気が引けるひとも多いはず。また、買ったメガネ店でいくら調整してもらっても、掛け心地がしっくりこないひともいるでしょう。メガネで困ったことのあるひとは、気軽に足を運んでみてください。

今回のニュースソース

関連記事

メガネ商品券を当てよう!

2009meganenohi01(2)

日本眼鏡販売店連合会は、10月1日のメガネの日を記念して、30,000円分のメガネ商品券が66人に当たる「2009 メガネの日クイズキャンペーン」を開催中です。

メガネ商品券は、全国の日本眼鏡販売店連合会に加盟しているメガネ店と、このキャンペーンに参加しているメガネ店で使用できます。応募の際に、メガネを買いたいお店を記入しなければいけないので、まずは下記のリンクより近くのお店を検索してください。

応募はハガキとインターネットで可能。〆切は10月15日(当日消印有効)となっています。

メガネ商品券が使えるお店は、比較的高級なお店が多いので、フレームとレンズを買うのには30,000円分の商品券だけでは足らない可能性が高いです。しかし、商品券が当選すれば、大変お買い得ですので、新しいメガネが欲しいひとは、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

今回のニュースソース

関連リンク

関連記事

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

さくらヒロシのプロフィール

無料ブログはココログ