« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/31

2010年5月31日のおすすめメガネ・サングラス

今日は、洋服とのコーディネートもしやすく、ヘビロテ間違いなし!のセル(プラスチック)フレームをご紹介します。

CUTLER AND GROSS(カトラー アンド グロス)のメガネフレーム 0991

今や定番のウェリントンシェイプよりも、たて幅も大きすぎず、直線的な感じなので、スッキリと掛けられそうな一本。

 

Oliver Peoples(オリバーピープルズ)のメガネフレーム DARRIN

ほどよい存在感が魅力のフレーム。オンオフ問わず、コーディネートしやすそう。両サイドの金具が、さりげなくレトロ感を出しているのもポイント。

 

Micedraw Tokyo(マイスドロー トーキョー)のメガネフレーム JD-707

顔の印象を崩すことなく掛けられるフレーム。つり上がり気味の形が、目元やフェイスラインをほどよく引き締めてくれる。セル(プラスチック)フレームにしては、すごく薄く作られているので、メチャメチャ軽いのも魅力。

2010/05/28

2010年5月28日のおすすめメガネ・サングラス

今日は、個性的なサングラスを3つご紹介します。

MYKITA & ROMAIN KREMER LIMITED EDITION "ROMAIN"

ドイツのメガネブランド MYKITA(ミキータ)とファッションブランド ROMAIN KREMER (ロメイン クレイマー)とのコラボレーションモデル。引用元のブログによれば、世界限定50本とのこと。とにかく個性的でインパクト大!

 

ALPINA(アルピナ)のサングラス 2266336 col:Black/Gold

ドイツのブランド ALPINA(アルピナ)のヴィンテージもの。ゴールドとブラックというカラーリングにスタッズなんてカッコよすぎ!

 

FRANCIS KLEIN(フランシス クライン)のサングラス DAFY B98

形も飾りも、とにかくかわいいサングラス。これぞハンドメイドのなせる業。

2010/05/27

2010年5月27日のおすすめメガネ・サングラス

BCPC(ベセペセ)のメガネフレーム BP-3089

フレームが二重構造になっていて、レンズが浮き上がったように見えるのがポイント。レンズが浮き上がったようなデザインは、フローティングタイプと呼ばれていて、いろいろなブランドからリリースされています。しかし、この雰囲気のものはなかなかないはず。ふちが細いので、やり過ぎ感がないのがいいですね。

 

H-FUSION(エイチ-フュージョン)のメガネフレーム 303 col.1

すっかり定番となったウェリントンに続いて、注目度がアップしているのがボストンと呼ばれるタイプ。逆三角形ぽい、ジョニー・デップが掛けているメガネ…と言えば分かりやすいでしょうか。このボストンは、レトロ感バリバリじゃないのがポイント。ジョニー・デップみたいな本格的ボストンも雰囲気があっていいですが、このくらいのデザインのほうがチャレンジしやすいと思います。

 

TOM FORD(トム フォード)のメガネフレーム FT5103 B5

ボストン同様注目度がアップしているサーモントスタイルのフレーム。クラシカルなデザインの単なる焼き直しではないのがいい感じ。上品に掛けられるので、大人のひとにおすすめ。

2010/05/26

2010年5月26日のおすすめメガネ・サングラス

prodesign(プロデザイン)のメガネフレーム 4648

チョコブラウンとミントグリーンの組み合わせがかわいい!レンズも素直ないい形で、フレームが細めなのもいいですね。

 

CUTLER AND GROSS(カトラー アンド グロス)のメガネフレーム 0933 DT

最近注目のサーモントと呼ばれるタイプのフレーム。サーモントはちょっとゴツい感じのものが多いのですが、このフレームは形もカラーもソフトで、ブローと呼ばれるプラスチック部分も細身なのがいい感じ。男子はもちろん、女子にもおすすめ。

 

BEAUSOLEIL(ボーソレイユ)のメガネフレーム Mod.06

こちらもサーモントタイプのフレームですが、グッと今風。メガネ業界では「色の魔術師」との異名を持つ、BEAUSOLEIL(ボーソレイユ)ならではのカラーリングとサーモントスタイルの組み合わせはちょっと新鮮。

2010/05/25

2010年5月25日のおすすめメガネ・サングラス

PROPO DESIGN(プロポ デザイン)のメガネフレーム PD-156

スッキリフォルムとほどよいボリューム感が心地よい。仕上げの良さも大きなポイント。上質なフレームは、掛けるひとを上品に見せてくれます。派手さはありませんが着回しもしやすく、一本持っていると重宝するはず。

 

THE MASUNAGA(ザ マスナガ)のメガネフレーム MA-5511

なめらかできれいなレンズの形が魅力の一本。このフレームも着回ししやすいはず。世界屈指の技術を誇るフレームメーカー 増永眼鏡 の技が光る上質な作りと、独特の構造による柔らかな掛け心地も素晴らしい。

 

alain mikli(アラン ミクリ)のメガネフレーム A0128 02

グラデーションのかかったカラーがとってもきれい。つり上がった形で顔を引き締めつつも、さわやかなカラーでキツい印象にならないのがいい感じ。

2010/05/21

2010年5月21日のおすすめメガネ・サングラス

OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴールドスミス)のメガネフレーム CONSUL-SS カラー:DT

定番のウェリントンも小ぶりなサイズかつ柔らかなカラーリングだと、ちょっと新鮮な印象。特に女子におすすめの一本です。

 

lafont(ラフォン)のメガネフレーム ROSALIE

レースのようなふちと、直線的なフレームとの対比が個性的でエレガント。大人の女性におすすめ。

 

MICHEL HENAU(ミッシェル エノー)のサングラス M35SUN

大人の男性にカッコよく決めてほしいサングラス。直線的なフォルムが個性的。モダンにスッキリと掛けられそうな感じがいいですね。

2010/05/20

2010年5月20日のおすすめメガネ・サングラス

alain mikli(アラン ミクリ)のメガネフレーム AL1004-0003

2色使いですが派手すぎないのと、ほどよいボリューム感がいい感じ。レンズが浮き上がったようなデザインにも注目。

 

Frency and Mercury(フレンシー アンド マーキュリー)のメガネフレーム Flamingo Dance

最近人気上昇中のサーモントと呼ばれるスタイル。白のサーモントはなかなかないはず。ほどよくつり上がったラインが、フェイスラインを引き締めてくれるおしゃれな一本。

 

OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴールドスミス)のメガネフレーム HEP

オードリー・ヘップバーンが掛けていたモデルの復刻版。丸さとシャープさの加減が絶妙。写真は鉄板の黒をアップしてみましたが、カラバリも豊富。カラーの選び方で、いろいろな表情を演出できそう。

2010/05/19

2010年5月19日のおすすめメガネ・サングラス

今日はセル(プラスチック)フレームを3つご紹介します。

Face a Face(ファース・ア・ファース)のメガネフレーム SOFIA 1

ちょっと大きめなレンズシェイプが絶妙。いかにもフレンチ、インポートな感じのカラーリング、ほどよい太さのテンプル(つる)もいい感じ。大きめのメガネが掛けたいけど、レトロ感バリバリなのはちょっと…というひとにもおすすめ。

 

TRACTION(トラクション)のメガネフレーム SEVILLA

ふちが細かく切り抜かれた感じや「裏地」のカラーリングが、これまたフレンチ、インポートでいい感じ。結構エッジの効いた形なのに、柔らかく上品な雰囲気なのがいいですね。

 

増・金治郎のメガネフレーム MK-001

セルロイドを使用した、その名の通り、日本製のフレーム。いわゆるウェリントンシェイプですが、シャープなラインが個性的。エッジの効いた仕上げもいいですね。

黒ぶちメガネの男性は一目惚れされやすいという説もあるそうなので、「勝負メガネ」としてもおすすめ。

2010/05/18

2010年5月18日のおすすめメガネ・サングラス

今日はおすすめのサングラスを3つご紹介します。

どれもレトロ(クラシカル)なデザインですが、大きすぎないほどよいサイズと、気持ちつりがったレンズシェイプがおしゃれで掛けやすいと思います。

OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴールドスミス)のサングラス QOM

丸みのあるラインがソフトな印象を演出してくれるサングラス。ちょっとエッジが効いているので、丸さが強調しすぎないのがいい感じ。

 

OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴールドスミス)のサングラス TIMOTHY

スクエアだけどソフトなラインと、ふちが太すぎない感じがベストバランス。レンズの上のラインと眉のラインが揃うひとには、特におすすめ。絶対とは言いませんが、レンズの上のラインと眉のラインが揃うと、キレイに掛けられるのです。

 

TRACTION(トラクション)のサングラス VICTORINE

ちょっとつり上がったレンズと、フレームのカラーがグラデーションになっていることで、フェイスラインがスッキリ見える、メイク効果抜群!のサングラス。クラシカルなサングラスでも、ひと味違うものがほしいひとは要チェック!

2010/05/17

2010年5月17日のおすすめメガネ・サングラス

今日は大人のあなたにおすすめのフレームをご紹介。

MICHEL HENAU(ミシェル エノウ)のメガネフレーム FOLLOW

MICHEL HENAU(ミシェル エノウ)はベルギーのメガネブランド。柔らかなラインがいい感じ。優しい雰囲気を演出したいひとは、柔らかなラインと質感のメガネを掛ければいいのです。

 

HERRLICHT(ヘアリヒト)のメガネフレーム HL02

木でできたフレーム。使い込むほどに愛着がわく逸品。

2010/05/13

外国人がメガネを買うお手伝いをしました

日本でメガネを買いたいというカナダ人一家のお手伝いをしました。

何度もメールをやりとりしながら、どこのお店でどんな風に買うかを打ち合わせした結果、無事に納得のいくお買い物ができました。

私のもうひとつのブログ「眼鏡にかなう!メガネの選び方」に詳しく書きましたので、お読みいただければ幸いです。

fromSusan 

今回のお手伝いはボランティアだったのですが、お礼としてメープルリーフ味のクッキーをいただきました。やっぱり、カナダといえばメープルリーフですね!

2010/05/12

2010年5月12日のおすすめメガネ・サングラス

ENA(エナ)のメガネフレーム EM-1002-f C.001

このフレームをデザインしたのは、フランスのメガネブランド MEIMA(メイマ)のデザイナー アンソニー・メイマ(Anthony Meima)。日仏合作コラボフレームとなっています。

 

prodesign denmark(プロデザイン デンマーク)のメガネフレーム PD1218

子ども用のティアドロップフレーム。私が子どもの頃にも似たようなものがあったけど、ティアドロップって感じではなくて、もっとおじさまチックな感じだった…。子ども用のメガネもおしゃれなものが増えてきたのはいいことだと思います。

2010/05/11

2010年5月11日のおすすめメガネ・サングラス

本日は、期せずして?全て同じブランドのフレームをご紹介します。

どのフレームもレンズの形が絶妙なので、おしゃれに掛けこなすことができるはずです。

BARTON PERREIRA(バートン ペレイラ)のメガネフレーム RAYNETTE

メガネが主張しすぎることなく、ほどよく顔になじむようなレンズの形がいい感じ。こういう形はありそうだけどなかなかないはず。メガネを上品に掛けたい、大人のあなたにおすすめ。

 

BARTON PERREIRA(バートン ペレイラ)のメガネフレーム TALLULAH

美人になれそうなメガネ。シャープすぎないラインがいい感じ。目元やフェイスラインをほどよく引き締めてくれるはず。

 

BARTON PERREIRA(バートン ペレイラ)のメガネフレーム CHELO

ちょっと「ざーます系」ですが、やり過ぎてないのがいい感じ。今日ご紹介するフレームの中では一番個性が強いかも。上手くコーディネートすれば、おしゃれ度アップ間違いなし!

2010/05/10

2010年5月10日のおすすめメガネ・サングラス

LUCKY STAR(ラッキー スター)のメガネフレーム LSP001L col.BR

LUCKY STAR(ラッキー スター)は、フォトグラファー 蜷川実花さんディレクションによるメガネブランド。蜷川さんらしいカラーの「裏地」がポイント。この形は、目元とフェイスラインをキュッと引き締めてくれるはず。

 

alain mikli(アラン ミクリ)のメガネフレーム AL0848-0013 (A0848-13)

引用元のブログによれば「製造本数自体が極少であり、日本への入荷は数本というレベル!その上、今後の入荷は一切なし!」の激レアモデル。気になるひとは、早めのチェックがおすすめ!

 

BAMBOLA(バンボーラ)のメガネフレーム B-63 COL-14

さまぁ~ずの大竹一樹さん愛用のメガネフレーム。引用元のブログによると、以前から完売状態が続いていたとのことですが、この度、再生産が決まり、仮予約の受け付けを開始したとのこと。こちらも、気になるひとは早めのチェックを!

2010/05/07

2010年5月7日のおすすめメガネ・サングラス

alain mikli(アラン ミクリ)のメガネフレーム AL 0363

ロングセラーの定番フレーム。「もう生産されないかも」という話しもあるようですので、気になるひとは早めのチェックがおすすめ。引用元のブログにはブラックxシルバーのモデルも出ていますが、ここではいかにもミクリ!な赤をフィーチャー。

 

BARTON PERREIRA(バートン ペレイラ)のメガネフレーム NICKELAS

大人のあなたにおすすめのセル(プラスチック)フレーム。一見オーソドックスな形ですが、キレイかつ繊細なラインがいい感じ。テンプル(つる)がメタル(金属製)なのも、大人っぽさを盛り上げてます。選び甲斐のあるカラーラインアップも魅力。

 

CUTLER AND GROSS(カトラー アンド グロス)のメガネフレーム 0692

透け感のあるエメラルドグリーンが個人的に大ヒット!黒ぶちよりも見た目の印象が重くなりすぎず、おしゃれさもアピールできると思います。黒ぶちは飽きてしまったひとや、黒ぶちを掛けたいけどインパクトが強すぎて敬遠していたひとにもおすすめ。

2010/05/06

2010年5月6日のおすすめメガネ・サングラス

MOSLEY TRIBES  (モズリー トライブズ) LYNDEL

クラシカルなシェイプに赤のチェックがたまらない!レンズがグリーンなのもいい感じ。

 

MOSLEY TRIBES  (モズリー トライブズ) GATES

この色、この形でしかもはね上げ式!こんなサングラスはなかなかないはず。右テンプル(つる)のブランドロゴが赤いのもポイント。

 

MOSLEY TRIBES  (モズリー トライブズ) PATTERSON

丸みのあるビッグシェイプに、このカラーの組み合わせは貴重。写真をよく見ると Made in China とあるが、そんなことは気にしない。

 

MOSLEY TRIBES  (モズリー トライブズ) とは

MOSLEY TRIBES(モズリー トライブズ)は、アメリカ・ロサンゼルスのメガネ・サングラスブランド Oliver Peoples(オリバーピープルズ)の創設者でクリエイティブディレクターだったLarry Leight(ラリー ライト)が2005年に立ち上げたブランド…【続きを読む

2010/05/05

2010年5月5日のおすすめメガネ・サングラス

Opticien Loyd(オプティシァン ロイド)のメガネフレーム LNV-03

ウェリントンとボストンを足して2で割ったようなシェイプが絶妙。やり過ぎないほどよいレトロ感にまとめ上げている。

 

lafont(ラフォン)のメガネフレーム CHERUBIN

子ども用メガネフレーム。メガネを掛けたくない!っていう女の子も、こんなにかわいいメガネなら掛けたくなるのでは?

 

Fascino Ribelle(ファッシノ リベッレ)のメガネフレーム FA009/009

ほどよく顔に溶け込みつつ、印象をキリッと引き締めて、立体感を出してくれるはず。こういうラインを掛けるデザイナーは少ないと思う。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

さくらヒロシのプロフィール

無料ブログはココログ