« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年6月

2010/06/09

2010年6月9日のおすすめメガネ・サングラス

今日は、女子におすすめ!のセル(プラスチック)フレーム3本をご紹介します。

YELLOWS PLUS(イエローズ プラス)のメガネフレーム YP-BETH-1

定番のウェリントンシェイプとはひと味違って、丸みのあるところがポイント。微妙につり上がり気味なのもいい感じ。フレームの線が太すぎないのもいいですね。

 

3.1philliplim(3.1フィリップリム)のメガネフレーム ESTE GREY

セル(プラスチック)フレームでも、あえて透明なものを選んでみるのもアリだと思います。ほんのり色づいているのもいい感じです。

 

Oliver Peoples(オリバーピープルズ)のメガネフレーム Kaylee

ほどよくつり上がったオーバル(だ円形)シェイプが魅力。金属製の鼻あてがついているので、普通のセル(プラスチック)フレームよりも鼻にフィットしやすいのもいいですね。しかも、鼻あてがカッコいい。

2010/06/08

2010年6月8日のおすすめメガネ・サングラス

今日はシックなボストンシェイプのフレームと、派手めなフレームをご紹介。あまりまとまりがなくて、ごめんなさい。

H-FUSION(エイチ-フュージョン)のメガネフレーム H-FUSION LIGHT HFL-303

逆三角形のボストンと呼ばれるタイプのフレーム。ウェリントンシェイプに続いて、本格ブレイクするのでしょうか?形もきれいで、印象も重すぎず、ボストンにトライしてみたいひとには気軽に掛けられそうですね。

 

theo(テオ)のメガネフレーム soxiante+six

一見ポップな感じながらも、かなりボリューム感がありそう。インパクトあるメガネを掛けたいひとにおすすめ。引用元のブログを見ると、もっと落ち着いた色もありますが、あえて派手なカラーを選んでみました。

 

J.F.REY(ジェイ エフ レイ)のメガネフレーム JF2341

このフレームもかなり派手なカラーですが、繊細な仕上がりがいいですね。手に取ってみるよりも、掛けたほうが派手じゃないはず。

2010/06/03

2010年6月3日のおすすめメガネ・サングラス

今日は珍しいメガネフレームとサングラスをご紹介します。

alain mikli(アラン ミクリ)のメガネフレーム AL0409-0030 (A0409-30)

この色づかいが何とも言えないほど素晴らしい。特に、レンズの上側、ブローと呼ばれる部分のカラーが個人的には好きです。横側の alain mikli(アラン ミクリ)らしいチェック柄もたまらないです。

引用元のブログによれば「実はこのカラーが激レアなんです!」とのこと。さらに「日本に入荷したのはわずか2本!」というのですからスゴいですね!気になるひとは、超早めのチェックがおすすめですね。

 

MOSLEY TRIBES(モズリー トライブス)のメガネフレーム Lyndel – Beaded Edition

ビーズが散りばめられたサングラスなんて、初めて見ると思います。引用元のブログによれば、ネイティブアメリカンの芸術や文化にインスパイアされたとのこと。かわいいなあ!

2010/06/02

2010年6月2日のおすすめメガネ・サングラス

今日は、大人のひとがスッキリと掛けられるメガネフレームをピックアップ。どれもシンプルですが、おしゃれさをアピールできると思います。

JAPONISM (ジャポニスム)のメガネフレーム JN498

シンプルな形で細身のレンズなので、とてもスッキリと掛けられそう。一山(いちやま)と呼ばれる、フレームと一体化した鼻あてや、太めのテンプル(つる)など、さりげなく個性を出しています。ちょっとアンティークっぽくも見えますが、最新の技術が詰まってるっていうのも、いいですね。

 

MYKITA(ミキータ)のメガネフレーム LAURA

このフレームもシンプルですが、グッとモダンな感じ。幅の広いふちが、ほどよい存在感を出してくれそう。

 

YELLOWS PLUS(イエローズ プラス)のメガネフレーム No.590

セル(プラスチック)フレーム風ですが、チタン製。セル(プラスチック)よりも、いい意味で大人っぽく見えると思います。裏側がシルバー?なのもおしゃれ。レフ板効果で、目元を明るくしてくれそう。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

さくらヒロシのプロフィール

無料ブログはココログ