« Ray-Ban(レイバン)の定番サングラス AVIATOR(アビエイター)が、どうしてあのカタチになったのか? | トップページ | クールビズにプラスしたいメガネ »

2011/07/04

メガネ業界初!七分袖ならぬ「七分芯」フレーム

「七分芯」ということば、私も初めて聞きました。

ことばで説明するよりも、写真を見てもらったほうがわかりやすいでしょう。

110704shichibushin

(写真)DJUAL(デュアル) LC-01 カラー:20

(引用元)http://optiquess.blog25.fc2.com/blog-entry-1671.html

テンプル(つる)の中にある金属の芯が通常のものとは異なり、途中で止まっているのです。

これには次のような意味があるといいます。

今まで以上に掛け心地をよくするため、生地の厚みの強弱がさらに極端に、また、今までにない独特な形状にテンプルを仕上げ、その「しなり」と「強度」を保つためには、芯金を完全に通してしまうでもなく、ノー芯でもなく、七分である必要性があったのです。

http://optiquess.blog25.fc2.com/blog-entry-1671.html

このような今までにない発想をするデザイナー、そしてそれをカタチにした職人技…そのふたつが見事に組み合わされて、新しいメガネが生まれたということでしょう。

その結果、

これだけのボリュームがあるのにビックリな掛け心地に仕上がっております。

http://optiquess.blog25.fc2.com/blog-entry-1671.html

というのですから、スゴいですね。

もちろん、掛け心地だけでなく、見た目のデザインもカッコいいです。

110704shichibushin02

(写真)DJUAL(デュアル) LC-01 カラー:20

(引用元)http://optiquess.blog25.fc2.com/blog-entry-1671.html

DJUAL(デュアル)とは

DJUAL(デュアル)は、単身韓国より来日し、日本を代表するフレームメーカー数社で企画・デザインを担当してきたデザイナー 柳 根宇(リュウ グヌ)氏が2010年に立ち上げたメガネブランド。

ブランド名の DJUAL(デュアル)とは、「相対性」を意味する造語…【続きを読む

« Ray-Ban(レイバン)の定番サングラス AVIATOR(アビエイター)が、どうしてあのカタチになったのか? | トップページ | クールビズにプラスしたいメガネ »

おしゃれなメガネフレーム・サングラス・メガネブランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53885/52118980

この記事へのトラックバック一覧です: メガネ業界初!七分袖ならぬ「七分芯」フレーム:

« Ray-Ban(レイバン)の定番サングラス AVIATOR(アビエイター)が、どうしてあのカタチになったのか? | トップページ | クールビズにプラスしたいメガネ »

さくらヒロシのプロフィール

無料ブログはココログ